効果が魅力的なレチノールのデメリットとは?

効果が魅力的なレチノールのデメリット
当サイトではアフィリエイト広告を掲載しております。

レチノールの効果や働きは肌トラブルを抱えている方にとって
悩みを改善してくれる救世主的な存在ではないでしょうか。

様々な肌トラブルの改善に期待できるレチノールですが
デメリットはあるのでしょうか。
効果だけを見るととても魅力的に見えて
取り入れたい成分ですね。

レチノールにはデメリットがあるのか
見ていきましょう。

レチノールの魅力的な効果

レチノールの魅力的な効果とは
シワやたるみ、ニキビなどのエイジングケアや、
毛穴の開きや黒ずみなどの改善などがあります。

レチノールの働きに肌のターンオーバーを
促進する効果があるのでこれらの効果があるとされています。

  • シワやたるみの改善
  • 毛穴の開きや黒ずみの改善
  • ニキビの予防・改善
  • 肌のハリや弾力のアップ
  • 肌のツヤや明るさのアップ

レチノールの効果を見てみるとぜひ使ってみたいと
思ってしまいますね。

レチノールのデメリット

レチノールのデメリット

レチノールのシワやたるみの改善、毛穴の開きや黒ずみの改善、
ニキビの予防・改善、肌のハリや弾力のアップ
肌のツヤや明るさのアップの効果はとても魅力的な効果です。

レチノールの効果について見てみると
肌に悩みを持っていると凄くいい成分のように見えますが
デメリットはあるのでしょうか。

レチノールを使うとレチノール反応という
肌に起こる一時的な刺激反応が起こることがあります。
「レチノイド反応」「A反応」ともいいます。

レチノールは肌のターンオーバーを急激に促すため、
肌が過剰に反応してしまうことがあります。
具体的な症状としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 赤み
  • 乾燥
  • かゆみ
  • 皮むけ

レチノール反応がおきた場合は、使用頻度を減らしたり
中止したりしましょう。
酷い場合は皮膚科を受診したほうがいいですね。

肌の状態を良くしたいのにレチノール反応がでて
悪化してしまったら「何で?」ってなってしまうので
使い方をしっかりと守って安全に使っていきたいですね。

レチノールのデメリットを知って安全に使う

レチノールのデメリットについて見てきました。
デメリットを知ることでレチノールを安全に使うことが出来ます。

ただレチノールがいいと聞いたからと使うのと
レチノールのデメリットや注意することなどを
知っている方が効果的な使い方が出来ると思います。

レチノールは、正しく使用することで、
肌の悩みやエイジングケアに効果を発揮する成分なので
正しく使用してぷるんツヤ肌を目指したいですね。

効果が魅力的なレチノールのデメリットとは?のまとめ

レチノールの魅力的な効果とは
シワやたるみ、ニキビなどのエイジングケアや、
毛穴の開きや黒ずみなどの改善などがあります。

このように肌トラブルに対して期待できる
スキンケア成分なのですがデメリットも存在します。

レチノールを使うと「レチノール反応」、
「レチノイド反応」、「A反応」という
肌に起こる一時的な刺激反応が起こることがあります。

  • 赤み
  • 乾燥
  • かゆみ
  • 皮むけ

このようなデメリットがあるんだとわかっていれば
めちゃくちゃな使い方はしないと思いますし、
レチノール反応がでても使用を中止したり、
使用頻度を減らしたり、使用量を減らしたり
様子をみながら使うことができます。

きれいになるための美容成分ですから
安全に使ってきれいになりたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました