代謝をあげるにはどうしたらいいの?

代謝というのは、2つ種類があるんです。
「新陳代謝」と「基礎代謝」です。
ここでいう代謝とは、「基礎代謝」のことです。

40代、50代になるといろいろなところで感じ始めます。
基礎代謝がもその中のひとつです。

年齢を重ねると
ふと、思います。
「 若い時とそんなに食べる量は増えていないのに最近なんだか太ってきたなぁ。」

基礎代謝が落ちてくるとどうなるの?

基礎代謝が落ちているなぁと感じるのは、体重が増え始めたときでしょうか?
いや、違います。
私の場合は、体重が増え始めてたことに気が付いてからしばらく経ってからまた体重計で量った時に「おや?こんなに増えている~」と気づいた時です。

そして、脂肪が増えてきた時ですね。
なんだか、おなかの周りが大きくなってきたような気がする
基礎代謝が落ちていると気が付くのはこんな時です。

基礎代謝が落ちてくるとどうなるの?
同じ量を食べても太りやすくなる。
免疫力が下がる。

基礎代謝が落ちるといいことないですね。

では、基礎代謝を上げるには具体的にどうしたらいいのでしょうか?

基礎代謝を上げるにはどうしたらいいの?生活習慣を見直そう!

代謝には、基礎代謝と新陳代謝の2つがあります。

新陳代謝は、古い細胞を新しい細胞に生まれ変わらせるものです。
私たちの体は何もしなくてもエネルギーを消費しています。
部屋でごろごろしている時、寝ている時もです。
こんな時、私たちの体の中では心臓が動いたり、息をして酸素を取り込んでいます。
意識しなくても体が動いています。
このような生命を維持するために必要なエネルギー量が基礎代謝です。

この基礎代謝が年を取るにつれ落ちていきます。
そうすると食べる量が同じでもだんだん体重が増える、お肉がついてきたというふうになるのです。

代謝を維持することができれば、血行もよくなり体温が上がると免疫力もアップします。

日ごろから少しでも体を動かそう

筋肉量が減少すると基礎代謝が落ちる原因となります。
運動していない人がいきなり運動するのは難しいので普段の生活で、エスカレーターやエレベーターを使っているなら階段を使って登り降りをするとか、
通勤で電車を使っているなら1駅歩いてみるとか、歯を磨いている間スクワットするとか、いろいろ考えるとアイデアがいっぱい出てきそうですね。

難しいことは続かないのでできることから初めて、習慣化できてきたら今までやっていたことよりも少しレベルを上げていくと無理なく続けられるのではないかと思います。

あと、運動した後に缶コーヒーなど間違っても飲まないようにしないとせっかくの運動が水の泡になってしまうのでご注意を!

腸内環境を整える

腸内環境を整えることは体全体の健康にも繋がります。腸内環境のことを腸内フローラともいいます。腸内にいる善玉菌、日和見菌、悪玉菌の割合で腸内の良い悪いがわかるそうです。

腸内環境を整えるには納豆、みそ、ヨーグルトなどの善玉菌が含まれる発酵食品、さつまいも、などの善玉菌のえさとなる食物繊維を含む食品を摂るのがおすすめです。

お肌は腸の状態を映している。とも言われますが腸を長年見てきた先生がお肌のきれいな人は腸もきれいだと言っています。

腸内環境を整えることでお肌の状態も良くなるかもですね。

水分を摂る

水分を摂ることによって基礎代謝アップが期待されます。また、血流がよくなり体温が上がることで免疫力アップにつながります。

水分は冷たい水よりも温かい白湯がおすすめです。目覚めに飲むことで胃腸を目覚めさせる感じです。腸活をしているモデルさんが毎朝起きると白湯を飲んでいるとテレビでも紹介されていました。

代謝をあげるにはどうしたらいいの?まとめ

基礎代謝は生きていくのに必要な最低限のエネルギーです。
加齢とともに基礎代謝は減少していくので何もしないと太るということがわかります。わたしも何もしてなかったので気づけばおなかのあたりに肉がついてきました。

まだおばさんになっていない方は、これから基礎代謝が下がるのでそうなる前に対処できると思います。もうなっている方も少しずつ生活習慣、食事、運動など見直してみるのもいいですね。

いきなりあれこれするのも長続きせずに辞めてしまう可能性があるのでできることから徐々にステップアップしていくのがいいと思います。
私も散歩とかまだまだですが、自宅でスクワットをやり始めました。
無理しない程度の10~20回ですが…。

コメントを残す