肌の乾燥の原因と4つの乾燥対策

レチノールのデメリット
当サイトではアフィリエイト広告を掲載しております。

肌がカサカサ乾燥する、粉ふきやピリピリといった
刺激を感じたり、かゆみがでたりすることもある
肌の乾燥ですが、肌の乾燥はどうして起こるのでしょうか?

保湿もしてケアしているにもかかわらず
乾燥してしまうという方は
これが原因かもしれません。

乾燥肌の原因とは?

肌の乾燥が気になる。肌への刺激を感じたり
かゆみもあるというなら、
肌の乾燥の原因は「肌のバリア機能の低下」です。

バリア機能とは、肌を守るための働きのひとつです。
乾燥や摩擦、紫外線や雑菌などのあらゆる外部刺激から
お肌を守ってくれています。

このバリア機能が低下すると肌が乾燥しやすくなり、
外からの刺激も受けやすくなります。

  • ターンオーバーの乱れ
  • 紫外線によるダメージ
  • 冷房・暖房の長時間利用による空気の乾燥
  • 間違ったスキンケア

乾燥肌の原因としては、「肌のバリア機能の低下」です。
バリア機能が正常に働かないことによって
乾燥をはじめとする様々な肌トラブルが起こります。

ターンオーバーの乱れ、紫外線によるダメージ、
冷房や暖房を長時間使用することによる空気の乾燥、
間違ったスキンケアなどがあります。

バリア機能とは?

私たちの肌には、肌の水分を保つ機能があります。
その機能のことを「肌のバリア機能」といいます。

バリア機能とは、皮膚の健康を守るための働きのひとつです。
私たちの肌の一番外側、外気にふれる表面の角質層には
角質細胞がレンガを積み上げたように整列して並んでいて、
外からの刺激、乾燥、摩擦、紫外線、雑菌などから
お肌を守ってくれています。

お肌の健康を守ってくれる機能が低下すると
外からの刺激を受けやすくなったり、
バリア機能によって水分が保たれていたのが
外に出ていってしまうようになり
肌が乾燥してしまいます。

乾燥肌を改善するにはどうしたらいい?4つの対策

乾燥肌のおもな原因は「バリア機能の低下」によるものです。
バリア機能の低下の要因は、ターンオーバーの乱れや
冷房や暖房による空気の乾燥、紫外線によるダメージ
などを引き起こします。
ということは乾燥肌を治すにはバリア機能を正常に
働かせることが大切だという事です。

乾燥肌を改善するには4つの対策があります。
それは、紫外線を浴びないように対策する、
洗顔後や入浴後はすぐに保湿をする、
洗顔のとき肌をゴシゴシしない、
睡眠を見直すことです。

  • 紫外線対策をする
  • 洗顔後や入浴後はすぐに保湿をする
  • 洗顔の時に肌をこすらない
  • 睡眠を見直す

紫外線対策をする

乾燥肌の人は特に紫外線対策は欠かせません。
紫外線はしわやシミなどの肌の老化をはじめ、
乾燥も引き起こす原因の一つです。

紫外線はお肌に刺激やダメージを与えます。
外出時は帽子や日傘などで紫外線を浴びないように
することで乾燥を抑えることになります。

外出時だけではなく部屋の中にいる時でも
窓から入ってくる紫外線の影響もありますから、
外出しないときでも日焼け止めを
塗ることが大切です。

洗顔後や入浴後はすぐに保湿をする

洗顔後や入浴後のお肌はとてもデリケートです。
肌を覆っていた皮脂膜やNMF(天然保湿因子)が
洗い流されてしまうため、
そのままにしていると肌の水分が出ていってしまい
乾燥してしまうことになります。

ですから洗顔後や入浴後にはすぐに保湿をすることが大切です。
保湿力の高い化粧水で肌に水分を補いましょう。
お肌が整ったら美容液や乳液、クリームなどで
保湿成分や油分を補うといいですね。

洗顔の時に肌をこすらない

洗顔をするときに肌をこすらないように洗うのが
いいというのをどこかで聞いたことはないでしょうか。

それは、肌をゴシゴシこすって洗うと
必要な皮脂まで洗い流してしまい
バリア機能を低下させてしまいます。

泡立ちネットなどでふわふわに泡立てて
その泡で優しく洗うようにしましょう。
肌に手が当たらないような感じですね。

睡眠を見直す

乾燥肌になってしまう要因の一つに
ターンオーバーの乱れがあります。

ターンオーバーとは、肌の細胞が一定の周期で
生まれ変わる仕組みのことです。
私たちの肌は約4週間かけて生まれ変わっています。

質の高い睡眠をとることでターンオーバーに
影響を与える成長ホルモンを分泌させることができます。

うるおい成分やコラーゲンなど美肌に重要な
成分の生成を促進したり、
肌の細胞を活性化させて日中に受けたダメージを
修復する働きがあるといわれています。

肌の乾燥の原因と4つの乾燥対策のまとめ

肌の乾燥は角質層に十分な潤いがないために引き起こされます。
原因のひとつにバリア機能の低下があります。

バリア機能は肌を守るための働きのひとつです。
外からの刺激や乾燥、摩擦、紫外線、雑菌など
からお肌を守ってくれます。

バリア機能が低下すると肌が乾燥しやすくなり、
刺激にも敏感になってしまいます。
肌の乾燥対策は、紫外線対策をする、
洗顔後や入浴後はすぐに保湿をする、
洗顔の時に肌をこすらない、睡眠を見直す
などがあります。

  • 紫外線対策をする
  • 洗顔後や入浴後はすぐに保湿をする
  • 洗顔の時に肌をこすらない
  • 睡眠を見直す

美しい肌を保つためには乾燥は大敵です。
乾燥対策をして美肌を目指したいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました