睡眠で美肌を作る

睡眠と美肌

「美肌のゴールデンタイム」という言葉を
聞いたことがあると思います。

睡眠が美容にも良い事はよく知られていますね。
ではどのように良いのか、
知ってはいてもつい夜更かしをしてしまう、
などというのは何故良いのかを
知らないからだと思います。

どうして睡眠で美肌になるのか?

睡眠が美容に良い事は誰もが
知っていることですが、
どうして睡眠で美肌になるのでしょうか?

美肌のゴールデンタイムは22時から2時というのは
みなさん誰でも知っていますね。
どうして22時から2時なんでしょうか。

それは、寝付いてからの3時間に集中的にあらわれる
成長ホルモンの分泌が美肌と関係があるからです。

成長ホルモンは睡眠中に脳下垂体から分泌され、
うるおい成分やコラーゲンなど美肌に重要な
成分の生成を促進したり、
肌の細胞を活性化させて日中に受けたダメージを
修復する働きがあるといわれています。

成長ホルモンの分泌を促すことにより
美肌へとなれるチャンスがあるということですね。

肌荒れの原因は睡眠不足も原因のひとつである

美肌の大敵である肌荒れする原因は
様々な要因があります。

スキンケアや外的要因、食習慣、
生活習慣などがありますが、
ここでは生活習慣の睡眠不足が
肌荒れの原因のひとつです。

睡眠不足になると、交感神経が優位に働き、
精神的にも身体的にも緊張状態が続いてしまいます。
交感神経には男性ホルモンを活性化する作用があるため、
皮脂分泌が増加し、肌荒れをまねく原因となります。

睡眠不足は肌荒れだけでなく体調にも
悪い影響がでてしまうので自分の体は大切ですから
体調管理をしっかりしたいですね。

睡眠で美肌は目指せる!

睡眠で美肌を目指すにはどのような
睡眠をとればよいのでしょうか。

成長ホルモンは、睡眠中に肌の新陳代謝を活発化させたり、
血行を良くして肌の老廃物を取り除いたりしてくれます。

成長ホルモンは脳の「下垂体」という所から
分泌されるホルモンで、その名の通り、
身体の各器官に働きかけて成長を促したり、
傷ついた組織を修復したりする作用があります。

成長ホルモンてとても重要な存在なんですね。
成長ホルモンは大人でも分泌されているので
よい睡眠をとってうるおい成分やコラーゲンなど
美肌に重要な成分の生成を促進しましょう。

そのためにはお風呂には寝る1~2時間前に入りましょう。
ちょうどそのころになると体温が下がり
眠りに入りやすくなります。
若さや健康を保つために質の良い睡眠をとりたいですね。

睡眠で美肌を作るのまとめ

美肌のゴールデンタイムがとても
重要なことがわかりました。
寝付いてからの3時間に集中的にあらわれる
成長ホルモンの分泌が美肌を作るのに重要だからです。

うるおい成分やコラーゲンなど美肌に重要な
成分の生成を促進したり、
肌の細胞を活性化させて日中に受けたダメージを
修復する働きがあるといわれています。

成長ホルモンは15~20歳をピークに年々
減少すると言われていて、
40歳でピークの40%、60歳で30%となります。

睡眠で美肌を作るには
年々減少していく成長ホルモンを
分泌させるために質の良い睡眠を
心がけないといけません。

よい睡眠をとるためには
入浴は就寝する1~2時間前に入る、
寝る前の1時間はスマホやテレビを見ない。
朝は朝日の光で起きる。など
生活習慣をちょっと変えるだけでできそうですね。

コメント