肌トラブルにうれしい栄養素・ビタミンC

美肌になるための三大栄養素の一つで
お肌のトラブル改善に最もよいとされている栄養素は
ビタミンCです。

ビタミンCはお肌にとってうれしい効果が期待される
万能栄養素です。

何故、ビタミンCはお肌にいいのか?

ビタミンCは、何故お肌にいいのでしょうか?
ビタミンCの効果は、本当にたくさんあって
万能ビタミンと言われているのもわかります。

紫外線によって様々な肌トラブルが発生します。
そんな様々な肌トラブルの対処にビタミンCが役立ちます。

肌の老化のもとになる活性酸素を抑制してくれる
抗酸化作用があるため、お肌には是非とも摂りたい成分です。

その他には、細胞を活性化させ真皮層でお肌の弾力を担う
コラーゲン生成をサポートしてくれます。

メラニンの生成を抑制し、シミの予防やできてしまった
シミを薄くしてくれたりする効果があります。

ビタミンCの含まれる食品

ビタミンCと言えばまず「レモン」を
思い浮かべるのではないのでしょうか?
ビタミンCの含まれる食品はレモン以外にも
たくさんあります。

ビタミンCを含む果物の可食部100g当たりの含有量

食品名含有量
  アセロラ(酸味種)    1700mg  
アセロラ(甘味種) 800mg
ゆず   160mg  
   ゴールデンキウイ      140mg  
レモン   100mg  
いちご    62mg  

ビタミンCを含む果物はレモンの他にも
たくさんありますね。

ビタミンCを最も多く含む果物はアセロラです。
ですが手軽にお店で買って生で食べたりする
機会はほとんどないと思います。

収穫すると直ぐにいたんでしまうので
冷凍やジュースなどに加工して販売されています。

ビタミンCを含む野菜の可食部100g当たりの含有量

ビタミンCを含む野菜もたくさんあります。
野菜は普段食べているものが多くありますから
ビタミンCは摂りやすいですね。

下記の表はビタミンCを含む野菜です。
カッコ内はゆでた時の含有量になっています。

食品名  含有量
  赤ピーマン    170mg  
  ブロッコリー    120mg(54mg)  
  パセリ    120mg  
  カリフラワー    81mg(53mg)  
  トウミョウ    79mg  
  ピーマン    76mg  
  さやえんどう    60mg(44mg)  
  かいわれだいこん    47mg  
  スナップエンドウ    43mg  
  キャベツ    41mg(17mg)  

野菜もビタミンCを含むものが多くあります。
野菜を食べる時には茹でたり炒めたり
熱を加え調理して食べます。

キャベツのビタミンCの含有量は生で41mgですが、
ゆでると17mg、油でいためると47mgになります。

熱を加えることは同じなのにビタミンCの含有量が
変わるなんて面白いですね。

1日のビタミンC摂取量

ビタミンCを含む果物や野菜は結構たくさんありますね。
では1日にどれくらいのビタミンCを摂ればいいのでしょうか?

以下はライフステージごとのビタミンCの
1日の摂取推奨量になります。

    ライフステージ      摂取推奨量  
  成人男性  90mg
  成人女性  75mg
  妊婦  85mg
  授乳婦  120mg

1日の摂取量は喫煙者の方はこの推奨量にプラス35mgになります。
また、ストレスによってもビタミンCは
消費されてしまいますので推奨量よりも
多めにビタミンCを摂るのがいいですね。

ビタミンCは体内で作ることができないので
食事から摂取する必要があります。

肌トラブルにうれしい栄養素・ビタミンCのまとめ

お肌にも体にも必要な栄養素が
万能ビタミンと言われるビタミンCです。
ビタミンCの効果はたくさんあって
肌トラブルにもよい成分です。

  • 細胞を活性化させ真皮層でコラーゲン生成をサポートする。
  • 紫外線によるメラニンの生成を抑制してシミを予防する。
  • 活性酸素の増加を抑えて老化を予防する。
  • 皮膚の炎症を緩和させる。
  • 免疫力を高める。

お肌だけでなく体にも良い成分なので
しっかりと摂りたい成分です。
体の中で作ることができないので
食事などでとることが必要です。

コメント