カサカサ乾燥の原因は?皮膚や粘膜を丈夫にする栄養素とは?

お肌がカサついたり乾燥するのは、
ビタミンAが不足しています。
ビタミンAは美肌になるための三大栄養素の一つです。

 
ビタミンAは脂溶性のビタミンで、ビタミンAのかたちで動物性食品に含まれるレチノールと、体内でビタミンAに変わるβ-カロテン(ベータカロテン)の2種類に分けることが出来ます。

 

ビタミンAの働きは、皮膚や粘膜を丈夫にし正常に保つ働きをしています。
他にも免疫力をアップさせたり、成長の促進などがあります。

 

特にβ-カロテン(ベータカロテン)は、がんや老化の原因となる
活性酸素の害を防ぐ作用などが明らかにされています。

 

そして、ビタミンAというのは体内で作り出すことのできないビタミンです。
不足しないように食品で摂取する必要があります。

 

ビタミンAが不足すると起こる症状いろいろ

ビタミンAが不足すると、免疫低下、暗いところで目が見えにくくなる夜盲症、
皮膚や粘膜の乾燥、成長障害などを起こします。

色の濃い野菜をあまり食べない人はビタミンAが不足する可能性があります。

 

ビタミンA不足がお肌に与える影響

 ビタミンAは皮膚や粘膜を正常に保つ働きや、成長促進作用、抗酸化作用がある脂溶性ビタミンです。ビタミンAのかたちで動物性食品に含まれるレチノールと、体内でビタミンAに変わるβ-カロテン(ベータカロテン)があります。汗腺や皮脂の分泌を正常に行う効果があり、保湿能力が低下を招く、皮脂膜の減少を防いで乾燥肌を改善します。不足すると、肌がカサカサになって新陳代謝が乱れることがあります。

 

ビタミンAの過剰摂取

レチノールとβ-カロテン(ベータカロテン)はどちらも
ビタミンAとして体内に吸収されます。
β-カロテン(ベータカロテン)は体に必要な分だけがビタミンAとして吸収され、
余りは尿から排出される傾向があります。
過剰摂取しても安心といえます。

 

が、レチノールは、過剰摂取に気をつけないと、
副作用が起こる可能性が高くなっています。

 

  • 吐き気、嘔吐(おうと)、下痢、目まい
  • 手足の痛み
  • 激しい頭痛(後頭部の痛みが多い)
  • けん怠感、不眠、食欲不振、脱毛

 

また、妊娠中にレチノールを多く摂りすぎると、
赤ちゃんに悪影響がでて、奇形で生まれるケースが多いようです。

 

妊娠中は貧血になりやすく鉄分を摂取するために
レバーを食べますが、鶏肉(レバー)でレチノール含有量が14,000μgと
格段に多いため、1日の摂取量の目安が女性(18~29歳)で650μg/日
なのではるかに超えています。
妊娠中はレチノールの多く含まれる動物性食品を控えた方がよいですね。

 

ビタミンAの含まれる食品

ビタミンAの摂取推奨量(プロビタミンAを含む)は、

成人男性(18~29歳)で850μg/日、女性(18~29歳)で650μg/日となっています。

 

食品100g当たりのレチノール当量の含有量 単位:μg

食品 含有量 食品 含有量
鶏肉(レバー) 14,000 豚肉(レバー) 13,000
味付けのり 2,700 抹茶(粉) 2,400
焼きのり 2,300 とうがらし 1,500
ウナギ(かば焼き) 1,500 牛肉(レバー) 1,100
ぎんだら 1,100 あなご 890
しそ 880 にんじん 720
パセリ 620 バジル 520
ほうれん草(ゆで) 450 しゅんぎく(ゆで) 440
だいこん(葉) 370 かぼちゃ(西洋) 330
こまつな(ゆで) 260 ちんげん菜(ゆで) 220

 

レチノール当量とは

動物性食品に多く含まれているレチノールの量と、植物性食品に含まれるβカロチンが体内でビタミンAに変換する場合の換算量の合計のことを指します。

 

コメントを残す